ヘアドネーションできます

一ヶ月ほど前からLibettもヘアードネーション賛同サロンとしてNPO法人のJHD&C(ジャパンヘアードネーション&チャリティー)に登録させてもらっております。

IMG_9982

ヘアードネーションとは、、、

小児がんや無毛症、先天性の脱毛症、不慮の事故などで髪の毛を失ってしまった子供達に無償でウィッグを提供し子供の「社会性の復権」をサポートし子供達の人権を守る事を目的としています。

その活動はみなさまの髪の毛の寄付により支えられています。

簡単に説明すると

長く伸びた髪の毛は31センチ以上あれば寄付して医療用のウィッグとして無償で必要な方に提供されるわけです。

自分ではなかなか切った毛を束ねたり郵送したりと少し手間があるので美容室とかで賛同サロンがあってそこでCUTして美容室がカットした髪の毛を送付させてもらいます。

捨てないで必要な人のもとへ

美容師の練習で使うマネキンのウィッグも最近では人毛不足で高騰化してたりするので、長い人毛の髪の毛は貴重なんですね。

こちらがJHD&Cのホームページ。詳しく載ってます

https://www.jhdac.org/index.html

他にもいろんな団体がありそうですが、ここの所で加古川で登録サロンはわずか8件のみ、、、

確かに送料負担しないといけなかったり、発送の梱包したり手間はあるのでされてないサロンの気持ちもわかりますが、少ないですねー(-。-;

もっと賛同サロンが増えていく事を願います。

賛同サロンに登録してから早速何名かヘアドネーション希望でご来店くださいました^ – ^(^ ^)( ´ ▽ ` )ノIMG_0173

めっちゃ長いですねー

なんと2年間ヘアードネーションするために伸ばされてたんだそうです。

IMG_0176

こんな感じで束ねてCUT!!!

IMG_0178

ざっくりカットされた状態

これからシャンプーしてしっかり綺麗にカットさせてもらいました( ´ ▽ ` )ノ

IMG_0181

アゴラインのボブスタイル

自然に乾かして治るようにレイヤー入れて丸みを出して毛量を整えております。

ボブは下向いた時とか巻いた時に一番内側の髪の毛が見えてしまう事がありますが、そうならないようにしっかり側面チェックしてます。このラインが切れてるか切れてないかで綺麗か綺麗じゃないか、または扱いやすいか扱いにくいかが変わります。

ボブはラインが命!!!

IMG_9983


IMG_9984

高校生も
IMG_9997
IMG_9998

IMG_0002

ドネーション目的でバッサリ切って終わりーではなく、そのあとは絶対可愛くするのが美容師の仕事ですね。

社会貢献して可愛くなれたら最高ですね!

そんな最高な気分で帰ってもらえるように頑張ります!

 

 

 

関連記事

SNS Page

Facebook

instagram

Instagram