大切な髪のヘアケアとCOTAシャンプーの選び方

【COTA】iCareシリーズ

1979年に京都で設立された【COTA】が
安心安全と徹底したお客様目線で作っている
【COTA】icareシャンプートリートメント。

 

※このCOTAシリーズは契約商品となっており、ネット通販などでは買えず、契約した美容室でないと正規購入できません。

 

髪内部の足りない栄養分を補うので、髪がキレイになっていくのはもちろん
髪にも頭皮にも低刺激なつくりになっています。

 

《特徴その1》
「自分の髪質・ダメージやくせに合わせてベストなものをチョイス」

1番の特徴はそれぞれ5種類あるシャンプートリートメントを、一人ひとりの髪質に合わせて組み合わせていく、というところ。

シャンプーやトリートメントも
どちらも髪に不足した栄養成分を補ってくれる処方になっているのです。

成分に含まれるタンパク質と脂質のバランスが5種類でそれぞれ異なっているため、その組み合わせで様々な髪質、広がりやダメージをキレイにできたりします。

その時の髪の状態・ダメージ具合・求めるスタイル・髪質に合わせて、美容師が提案させていただくので、本当に自分の髪に合ったものを使うことができます。

 

ブログ画像
1・3・5・7・9の番号のうち
数字が小さくなるにつれ【タンパク質】が多く補給されるので、ハリコシのあるサラサラと軽い質感になれます。
数字が大きくなるにつれ【脂質】が多く補給されるので、しっとりとまとまるような質感になります。

例えば、
○毛が細い&ペタンコになりやすい方1/1もしくは1/3
○普通毛だが乾燥してパサつく方5/5もしくは5/7
○ごわつきがあり、くせで広がる方9/9
○髪は細いが広がりやすくまとまらない方1/5もしくは3/5
など髪質や悩みにあわせたオーダーメイドのケアが可能です。

番号をそれぞれ変えることでシャンプートリートメントの香りが
変わってくるので番号を統一しないのもおススメ。

 

 

髪の内部の足りない栄養分を補うので髪がよくなっていくのはもちろん、

COTAのシャンプーの洗浄成分(界面活性剤)は刺激が少なく髪にも頭皮にも負担が少なくなっています。

とくにオリーブ系界面活性剤には、頭皮にも非常に相性が良く、皮脂に近い成分も入っていて頭皮のバリア機能を向上させ保湿効果も期待できます。

ですので、頭皮のフケや乾燥、地肌の痒みなど悩みのある方にもおすすめです。

 

 

前半は髪のダメージやクセ髪質に合わせてケアが可能なことをお伝えしました。

後半はそれぞれの番号の特徴をさらにお伝えします。

 

《特徴その2》

ブログ画像

オーガニックアロマを使用した優しい香り

1ラベンダーブーケの香り
3ネロリブーケの香り
5ジャスミンブーケの香り
7フルーティーローズブーケの香り
9ダマスクローズブーケの香り

植物から抽出されたエッセンシャルオイルで作られているので、それぞれ混ざっても嫌な匂いになりません

※世界的に有名な調香師、佐野考太さんが
監修をしていて、誰もが”いい香り”と感じる配合になっているそう。
(シャネルの香水の調香もされた方です!)
とても品の良い、優しい香りが続きます。

ブログ画像
香りが良いと気分も上がりますよね。

 

コタのシャンプーは洗っているとお風呂場が
アロマを炊いているかのよう香りに包まれるので、1日の終わりにつかれた気持ちを落ち着かせリフレッシュしてくれます。

好みの香りで選んだり、それぞれ違う番号で
香りの変化を楽しむのもおススメです。

店内には香りのテスターも置いてあるので
気軽に手にとって感じてみてください。

きっと気に入って頂けると思います^-^

 

お客さまの声

そして購入後、シャンプーを使い続けたお客様からは

「髪の絡まりが減って、指通りが良くなった」

「パサついていた毛先がしっとりするように変わった」

「トップがふんわりして、サラサラになった。」

「クセで広がる髪がしっとりまとまった。」

「シャンプーとトリートメントの組み合わせで自分の好きな質感を選べた。」 
と嬉しいお声を頂いてます。。。!

クセの収まりなどに関しては、もちろん個人差がありますが、指通りや毛先のまとまりは多くの方が実感されています。

使い続けることで、より髪の変化を実感できるのがコタシャンプーです。

お家でのケアは本当に大切で、ただ洗う、コーティングでツルツルにする、だけではなく
必要な栄養分を補いながらシャンプートリートメントをしてあげること。

すると髪の毛は驚くほど改善します。

髪の傷みが気になる、指どおりやまとまりを改善したい、、、

なんて人は言って頂ければ、ご希望の番号のCOTAのシャンプーで洗うことも出来るので、ぜひ気軽にご相談下さい^-^

 

2022-11-03 | Posted in ブログNo Comments » 

関連記事

SNS Page

Facebook

instagram

Instagram